確率から考えるゲンコケコ対面

f:id:rozurex:20161129234123p:imagevsf:id:HNpoke:20170515231334p:plain+f:id:HNpoke:20170525151420p:plain

 

初手コケコゲンガー対面

 

相手の地面枠を、選出されるかどうかが、わりとはっきりしてるグライオンと仮定。

 

また、こちらの裏にヘドロとグライ引きに対して両対応できるポケモングロス等)がいないと仮定。

 

 

コケコ視点、選択肢として 電気z、交代読み、ボルチェン、素引きの4つ。

 

ゲンガー視点、選択肢として ヘドロ、グライバック、(あれば守る)の3つ

 

 

 ゲンガー側は、基本的にヘドロばくだんという技は通りがいいので、わざわざ電気Z以外をよんでまで他の技を選択するメリットが薄い。またお互いに、電気Z、ヘドロばくだんと縛られており、他の技を押せないと考えられているため、ゲンガー側の地面引きや守るが同側勝負を仕掛けずとも試合を有利に運べると考えられている。

 

 では、対面させないのがベストであるとはいえ、偶発的に対面してしまったコケコは側はどうすればいいのでしょうか。

 

 一見、グライに引きさえしなかれば50%勝負だが、僕がゲンガーグライ側だとしたら100戦中100回グライ出す。おおよそ、6割以上の方がグライに引くと思う、、(そんなわけねーよ4ねって思った方はコメントください。)

 

 つまり、コケコ側はグライバックとゲンガーの守るを非考慮で50%の勝負をしなければならなく、60%以上の確率でグライバックされるなら、ゲンガー対面めざ氷してたほうがまだマシであると考えられる。

 

 電気技をグライに吸収され、グライコケコ対面を作ってしまったら身代わりやらギロチンやら好き放題されてしまうので、めざ氷おして、グライに守るや地震を強要させ、裏に引いた方が試合を50:50に戻せると考える。

 

    要すると、超ハイリスクハイリターンの電気Z選択するより、ハイリスクハイリターンのめざ氷押した方がまだマシだよねって話。

 

 

    結局ゲンガー側が圧倒的有利なのは変わりないが、コケコ側が電気Z以外を打つ理由の説明になればと思う。

 

   (そもそもゲンガーグライに初手コケコは悪手なので、あくまで偶発してしまったケースの1つとして考えてください)

 

    あくまでs2〜s3の話

 

 日本語文章能力皆無すぎて、汚い文章になってしまいました。申し訳ありません。